59冠✨

20150926210425198.jpg


和歌山市で26日に開かれた和歌山国体バスケットボール少年女子決勝で、名古屋市昭和区の桜花学園高単独チームの愛知県が、岐阜県岐南町の岐阜女子高単独チームの岐阜県を55対53で破り、3年連続18回目の優勝を果たした。桜花学園は男女合わせて全国最多となる59回目の全国大会制覇を達成した。

 今夏の高校総体と同じ顔合わせとなった決勝は、桜花学園の矢田真悠選手(3年)が残り10秒で決勝シュートを決め、大接戦を制した。

 これまでの最多優勝記録は男子の秋田・能代工高の58回だ。桜花学園は高校総体21回、高校選抜20回を加え、上回った。能代工は2人の監督で達成したが、桜花学園は1986年から指導する井上真一監督(68)が一人で重ねてきた。井上監督は「選手がよくやってくれた。堂々と破りました」と目標を達成し、ほっとした表情を見せた。

 遠藤桐主将(3年)は「全国最多はこれまで積み上げてきた先輩たちや井上先生のおかげ」と笑顔で語った。今季の残りは高校選抜で、3年連続3冠に向けて「プレッシャーをはねのけ、通算60冠を目指す」と宣言した。

毎日新聞
スポンサーサイト

comment

Secret

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
プロフィール

さとき~☆

Author:さとき~☆
1967年生まれ
 
大切なもの

 ↓

家族

好きなもの

 ↓

キャンプ

特にダッチオーブン使った料理に凝ってます♪

ミニバス

 ↓

子供達からたくさんの学ばせてもらう勉強の場です♪

月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
「スポンジ・ボブ」の時計型ブログパーツ
スペシャルフォース「おりゃりゃりゃ」ブロ