加盟料

試合機会増へ加盟料、登録料を引き上げ/バスケ
サンケイスポーツ 2月10日 19時37分配信

 日本バスケットボール協会(JBA)は10日の理事会で、新年度からチームの加盟料を一律2000円、選手の登録料は同200円引き上げることを決めた。

 具体的な金額は次の通り

◎チーム加盟料

(1)一般 1万円→1万2000円(2)高専 4000円→6000円(3)U-18 4000円→6000円(4)U-15 2500円→4500円(5)U-12 1000円→3000円

◎選手登録料

(1)一般 1000円→1200円(2)高専 500円→700円(3)U-18 500円→700円(4)U-15 500円→700円(5)U-12 400円→600円

※いずれも金額×選手数

 現在のトーナメント制主体の大会運営では、強いチームと弱いチームで出場できる試合数に大きな差が出るため、同一の料金では不公平感が否めない。「加盟料、登録料は試合に参加する料金ではなく、JBAや(都道府県)各協会の選手強化や審判養成を下支えするためのもの」(大河正明事務総長)ではあるが、「登録者がより楽しめる方向を検討している」。その一環として、地域でのリーグ戦実施などが検討されている。値上げ分の大半は、こうした試合機会増加の経費に使用できるよう、各協会に分配される予定だ。

 このほか理事会では、これまで就任時に70歳未満とされていた役員の定年を、会長と副会長は同70歳未満、その他役員(理事、監事)は65歳未満と改訂した。若返りを図るのが目的。任期(2年)途中に制限年齢に達した場合は、任期満了まで務められる。また「連続3期までで、1期以上の空白を置かなければ再任できない」とされていた会長の任期を「連続4期まで」と変更した。

 また従来、基本規定において別途規定を定めるとしていながら明文化されていなかった「裁定委員会規定」や「公式競技会における違反行為に対する懲罰基準」などを定めた。

 契約や移籍などコート外での紛争に対処する裁定委員会が、和解や調停を進める手順を明確化した。「~懲罰基準」は、試合で警告や退場処分を科され場合や、施設を故意に破壊した場合、無資格選手の不正出場や公式行事への不参加などに対する懲罰について、「戒告」「譴責(けんせき)」「罰金」「出場資格停止」「資格の降格、剥奪」「公的業務の停止・禁止・解任」「活動停止・禁止」「除名」といった処分の種類と基準を定めた。
スポンサーサイト

comment

Secret

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
プロフィール

さとき~☆

Author:さとき~☆
1967年生まれ
 
大切なもの

 ↓

家族

好きなもの

 ↓

キャンプ

特にダッチオーブン使った料理に凝ってます♪

ミニバス

 ↓

子供達からたくさんの学ばせてもらう勉強の場です♪

月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
「スポンジ・ボブ」の時計型ブログパーツ
スペシャルフォース「おりゃりゃりゃ」ブロ