伝えたい事

バスケットボールを通して、子供たちへ伝えたい事を常々考えてますが、あるブログの中にスッキリする答えがありました。



準備期はチーム全員が同じトレーニング量をこなしながら「機会均等」の中で一人一人が伸びていく時期。
ところが試合期に入るとどうしてもスタートで試合に出るメンバー、控えで試合に出るメンバー、なかなか出場機会がまわってこないメンバー間で、色んな「機会不平等」が生まれる。高校までは常にチームの中心として試合に出場していたプレイヤーが、なかなか試合に出れないという「初めての経験」に悩む現実も多い。そんな中で「どうせ自分は…」とか「自分は3列目だから…」などの気持ちが生まれると、結果的にチーム内での戦い合いがなくなり、全体のレベルも下がっていく。
監督として「全員に出場機会を…」という「想いの平等」はあっても、現実には200分という「出場時間の分配は不平等」にならざるをえない。
大学スポーツで学ぶものは「成功」だけではない。「失敗」や「停滞」や「迷い」の中で、「今、ここ」を大切に、挑戦を続けて欲しいと願う。

http://basketball-coach-s.blogspot.jp/2014/05/blog-post_18.html?m=1
スポンサーサイト

comment

Secret

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
プロフィール

さとき~☆

Author:さとき~☆
1967年生まれ
 
大切なもの

 ↓

家族

好きなもの

 ↓

キャンプ

特にダッチオーブン使った料理に凝ってます♪

ミニバス

 ↓

子供達からたくさんの学ばせてもらう勉強の場です♪

月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
「スポンジ・ボブ」の時計型ブログパーツ
スペシャルフォース「おりゃりゃりゃ」ブロ